四柱推命の流年とは?

現在の自分の1年は、どのような運勢になっているのかを知りたいのであれば、四柱推命の留年と照らし合わせてみるといいでしょう。
流年というのは、1年間隔でどのような運気になっているのかを表しています。
例として、引越しや転職を考えていたり、結婚について考えていたりするということもあるかと思います。
いずれにしても、今後の人生に大きく関わってくることですから、慎重に行動をして、いい時期に行動に移りたいと考える人は多いのではないでしょうか?
流年を把握しておくことで、今は行動をする時期なのかを判断することもできるようになりますから、四柱推命で自分の流年について把握しようとしている人や、実際に把握をして行動をするかどうかを判断したという人は多いのです。
四柱推命だけに限ったことではありませんが、運勢というのは波があると考えられています。
この周期のことを年回りというのですが、常に運気がいいというわけではなく、ピークに達したら、少しずつ運気は下がっていき、運気が悪くなってピークに達したら、また少しずつ上向きになっていくのw繰り返すと考えられています。
ターニングポイントに関しては、失敗をしたくないわけですから、運気が少しずつ上向きになっている時期に行動をするようにしたほうが良いのです。
これから重大な決断をしなくてはならないというときには、あらかじめ四柱推命における流年のことを知っておき、行動をするべきか、それとも待つべきかを判断してみるのもいいかもしれません。
そして、まだ時期ではないのであれば、運勢がよくなり始めるまでは待っておいたほうがいいかも知れませんね。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.